方法を知って利用

様々な運搬方法のメリットとデメリット

運搬方法として大きく分けて空送、陸送、海送の3種類あります。 陸送は大きなものは運べないため、小型で高価な商品によく使われる方法です。飛行機なので海外のものでもすぐに入ってきます。しかし一度に輸送できる重さが決まっています。 2つ目は陸送です。自動車で荷物を運ぶため大きく重たい荷物でも大丈夫です。道を使うため、何かあって交通止めになっても別経路で輸送が可能です。日数が少しかかるものの比較的早く荷物が付きます。 3つ目は海送です。海を船で移動するため大きく重たいものに向いています。コストもかなり安く自動車や天然ガスなどの輸送に用いられることが多いです。 デメリットは日数がかなりかかることですが、急がないものであればお得です。

できるだけ安く送るために

輸送費は馬鹿になりません。特に離島やへき地であれば特別料金がかかることがよくあります。ネットショッピンではある程度以上買ったら無料になるサービスがあります。送るほうとしては自動車で配送センターあるいは取扱い店舗まで自動車で持っていくことや同一場所に送るとお得になることが多いです。 陸送が中心なので県内でも、近隣の県であっても翌日で配送してくれます。 指定日・指定時間配達ができ便利です。 3つの輸送方法で一番身近なものであるため、各社サービスが充実しています。重さにより価格が変動する業者や箱の大きさによるところもあります。 一般的に30kgほどまでなら1つの荷物として送れるため、仕送りや本、精密機械を送る場合によく使われます。